まいにち創る、ときどき音楽

雑貨作家フジワラフサコの日誌です。

吉見百穴で埴輪作り

雪が予想されていた3連休、寒いけれど折角の休み、遠出しようと埼玉の吉見百穴に行ってきました。

 

古墳時代の墓跡なのだけれど、山に小さな穴が沢山あるのを見て明治時代、コロボックルが住んでいたという説が濃厚であったそうで。

 

たしかに、ベッドもあって小さなお家にも見えるよなあとコロボックルが住んでいるのを想像しながら見学ました。

本当はお墓なのに、、、

 

f:id:PuuPuu-Nacchan:20190212094442j:image

 

埴輪作り体験ができると知り、これはやるしかないと早速受付へ。

何と、500円という破格値!

 

1時間もあれば出来るかと思いきや、本格的な体験で、結局3時間かかってしまいました。

 

でも楽しすぎて、無心でお昼を食べることも忘れてしまいました。

 

作りたい直径の輪っかを何個も作り重ねていきます。

f:id:PuuPuu-Nacchan:20190212094851j:image

 

腕に穴あけ!

f:id:PuuPuu-Nacchan:20190212094857j:image

 

腕ビヨーン

f:id:PuuPuu-Nacchan:20190212094906j:image

 

途中、エアコンの風のせいか、粘土が乾いて大変でした。

f:id:PuuPuu-Nacchan:20190212094945j:image

 

1番楽しい顔や耳つけ。

f:id:PuuPuu-Nacchan:20190212094959j:image

 

しっぽもつけて

f:id:PuuPuu-Nacchan:20190212095015j:image

 

ぷうぷうはにわの出来上がり〜。

f:id:PuuPuu-Nacchan:20190212095022j:image

 

私以外はみんな子供。

みんな、感性に任せて、悩むことなく淡々と作るので、私より遅く始めた子どもたちがどんどん完成させていくので、凄いなあと思いました。

 

思いがけずの埴輪作り、とても楽しかったです。

焼き上がりが楽しみです。